外出する時には飲まない事!これが利尿剤ラシックスの鉄板ルール

利尿剤のラシックス

ラシックス錠(利尿剤)とは、有力利尿作用のあるお薬になります。

最近では、モデルやお薬ランキング等から、ダイエットに効果があるとして注目を浴びています。
有効成分は「フロセミド」で、服用することによって腎臓に作用し、尿細管にあるナトリウムやクロールの再吸収を抑制することで、利尿作用尿の回数のアップを促してくれます。
こういう薬の効果により、体内にある余分なナトリウムを排便させる医薬品になります。
また、むくみが取り除かれて、循環血流量を少なくさせることで血圧を下げる効果もあります。
なのでこれを利用したダイエットの方法が今日では人気になっています。

しかし、このラシックスは降圧利尿剤として効果的なお薬ですが、副作用が起こることを理解しておかなければいけません。
ただ服用するだけでダイエットが出来るわけではありませんので、しっかりとした効果効能・副作用を分かった上で使用するようにしましょう。

その副作用とは、主成分のフロセミドによるもので、利尿の作用が多く出すぎた時に起こりやすいとされていて、食欲不振や貧血であったり、ほか嘔吐や下痢、めまいや脱水症状など、また血圧の低下が起こる場合があります。
現在、ほかの病気で治療中の場合や、とくに高齢者の方は十分に注意して服用するようにしてください。
アレルギー症状であったり、手足のしびれなどが報告されています。

効能として尿の再吸収の量を減らす作用があると上記で書いたように、それは逆に体内のナトリウムやカリウムの再吸収を阻害することになりますので、低ナトリウム血症であったり低カリウム血症を引き起こす可能性があることを理解しておいてください。

そしてラシックスの一番の効果であり一番の副作用は、尿の回数が多くなるということです。
服用する際は、その服用のタイミングを良く考えることが大切になってきます。
トイレの回数だけなく尿の量も増えるため、服用後に外出する際はとくにトイレの心配をしなければいけないでしょう。
また飲み始めの時期というのは、とくに尿が多く出ます。
そのことを考えると長時間の車の運転であったり、仕事上の打ち合わせの会議や現場での危険作業の前、というの時は服用するのはやめておいた方が無難でしょう。
あと皆さんがよくされる、就寝前の服用。これは間違いなく睡眠の妨げになるので注意しましょう。何度もトイレで目が覚めます。